新経絡治療講演会IN沖縄 開催のお知らせ

【日時】平成28年12月18日(日)10時~12時
【会場】沖縄統合医療学院Ⅱ(〒901-2132 浦添市伊祖4-9-8)
【参加費】無料

【講演内容】
経絡学説は、神経や血管とは独立した「経絡」というエネルギーのネットワークを調整し、疾病の治療や健康の回復を促すという考え方でが、劇的な効果を発揮する反面、理解に難渋し現代の様々な病態に応用するうえで困難となる点が多々ありました。
これが2000年に入って理論的整され、大変使いやすくなったのがこ新経絡治療です。
この治療法は鍼ではなく、押し棒などで経絡上のツボを刺激してゆくだけなので感染のリスクもなく、医療従事者なら誰でも容易に習得きます。
急性、慢性の痛みの治療に威力を発揮するだけでなく、難治性疾患にも劇的な効果が期待できます。
講演会では、脊柱管狭窄症などの難治性疾患に加えて、発達障害の治療とその効果について紹介したいと思ます。

【講師プロフィール】
宇土 博(うど ひろし )
・友和クリニック院長
・日本新経絡医学会長
・プロフィール:
1949年広島県生まれ、広島大学医学部卒業後、産業医として長年勤務。
その間これまで経絡学説を整理・発展させ、新経絡治療を確立し、2011年7月1日、日本新経絡日本新経絡医学会を創立。現在、クリニック診療の傍ら同治普及に尽力している。
広島大学 ・高知大学医部臨床教授も務める。
また、世界的ヒット製品である「ドクターグリップ」の開発者でもある。

【参加申込方法】
お名前、住所、電話番号、メールアドレス、所属機関(病院 、鍼灸接骨院 鍼灸接骨院 、専門学校等)を記載のうえFAXまたはe-mailにてお申込み下さい。
FAX:082-262-6810
e-mail:udoh@nifty.com
※お申込みのちにメールにて受付のご連絡を致します。携帯・スマートフォンのメールの場合の場合、当方からメールが届かない場合がござます。お申込後2~3日連絡が無い場合は、お電話にて問い合わせ下さい。

【申込締切】平成28年12月15日(木) 先着順 ・定員 60 名になり次第締め切らせて頂きます。

沖縄県支部設立総会のご報告

2016年11月27日、日本統合医療学会の沖縄県支部の設立総会を行いました。

仁田新一先生(日本統合医療学会理事長)、鈴木信先生(琉球大学名誉教授/沖縄長寿科学研究センター長)、山本彩香氏(琉球料理家)、屋良悦子氏(フリーアナウンサー)による講演会を行い、たくさんの方にお越し頂きました。